野球の練習で腰痛・坐骨神経痛になってしまった方へ

姿勢についての新シリーズ スポーツ選手編 その第一弾!

野球のキャッチャー
20121114_キャッチャー.jpg
・・・のつもり ^^;

試合中、いろんな動作をするとは言え、他の選手に比べると、

腰を丸めた姿勢(腰椎が屈曲した姿勢)を長時間するので、

腰痛・腰椎椎間板ヘルニア・坐骨神経痛等になりやすいポジションと言えるのではないでしょうか。

ベンチにいるときは立っているか、背筋を伸ばして(腰椎を伸展させて)座るかして、腰が丸まるのを防ぐと腰痛予防になります。

試合や練習の後は腰だけでなく、股関節周り、膝関節周り、足首周りのストレッチを十分行いましょう!!

腰が痛くなったら、筋トレで腹筋、背筋を鍛えてはいけませんよ。

コチコチに硬くなっている筋肉をさらに硬化させることになり、腰痛を悪化させます。

 

てらお整体院のような筋肉にアプローチする手技療法で筋肉に柔軟性をつけていきましょう。

痛みが軽くなるのと、動作も軽くなってきますよ (^O^)

 

ご 予約・お問い合わせは

 0120-01-3657 

鶴見で唯一の「痛み・しびれ専門」整体院

 「てらお整体院」

受付時間

平日 9:30~19:00、

土日 9:30~16:00

休業日:不定休(詳しくはお問い合わせ下さい)

この記事を書いた人

痛み・不調改善の専門家 石井俊也
痛み・不調改善の専門家 石井俊也てらお整体院 院長
【身体の痛み】や【自律神経の乱れからくる不調】の改善の専門家です。
横浜市鶴見区で「てらお整体院」の院長をしてます。

肩こり、腰痛、顎関節の痛み・音、自律神経の乱れ、不眠、ふらつきなどでお困りの方はご連絡ください (^_^)