野球のやり過ぎで、腕・肩・肘に痛みのある方へ

横浜市鶴見区の整体 てらお整体院 いしいです。

妻娘の足揉みをやっていたら寝てしまい、日付変わってしまいました (>_<)

 

 

広島にプロ野球の試合を見に行ってきた方から お土産をいただきました。

広島の「にしき堂の生もみじ」

にしき堂_生もみじ

早速、家で家族でいただきました。 Aさん、ありがとうございます (^O^)

 

 

さて草野球や部活で野球をしている人の中には、 ボールの投げ過ぎで、腕・肩・肘付近の筋肉や肩甲骨周りの筋肉が痛くなる人(野球肩)がおられるようです。

 

また、左右非対称な動きが多いので左右の骨盤の高さに違いが出てきて、腰が痛くなる場合もあるようです。

 

肩、腰が痛くなるのは、同じところを使い過ぎるのが原因。 同じ動作を何度も繰り返し過ぎるのが原因です。

 

「鍛え方が足りないから痛くなるんだ」、と思って練習に励んでしまうと、ますます腕・肩・肘の痛み(野球肩、野球肘)、腰の痛みはひどくなってしまいます。

痛みが出ているのであれば、ボールを投げる動作を控えましょう。

”間違った体の使い方”が痛みのおおもとの原因であるとも考えられるので、 練習を休んでいる間に、フォームをチェックして、無理な動作をしてないか確認しておくと再発防止に役立ちます。

 

整体を受けて、骨盤・骨格を調整したり、筋肉の硬いところを緩めるのも一つの手です。
野球のやり過ぎで野球肩、野球肘、腰痛等でお困りの方は、お気軽にご相談くださいね (^.^)

この記事を書いた人

痛み・不調改善の専門家 石井俊也
痛み・不調改善の専門家 石井俊也てらお整体院 院長
【身体の痛み】や【自律神経の乱れからくる不調】の改善の専門家です。
横浜市鶴見区で「てらお整体院」の院長をしてます。

肩こり、腰痛、顎関節の痛み・音、自律神経の乱れ、不眠、ふらつきなどでお困りの方はご連絡ください (^_^)