腰痛になる方法について

鶴見区の整体 てらお整体院 いしいです。
今日も蒸しますね ^^;

こうすればかなりの確率で腰痛になる、という”腰痛方程式”をお教えしましょう。
腰痛方程式 :  腰痛 = 腰椎の屈曲 × 軸圧

腰椎の屈曲=腰が曲がった状態=腰椎の前弯が失われた状態で、荷重をかけると、腰の筋肉、椎間板、靭帯等に負担をかけ、腰痛になりやすくなります。

例えばこんな姿勢
ウルトラマン2.JPG

・腰が曲がっている

・荷重 =この場合は自分自身の上半身。

しかもこの姿勢だと上半身の重心があるのは、カラータイマーあたりでしょうか。

 

腰からだいぶ離れているので、余計、腰への負担が大きくなります。

 

腰痛を予防するには、上記の逆を実行すればよいです。

・腰椎の伸展を維持する

・軸圧を小さくする(物を持つ場合はできるだけ身体に近づける)

 

腰椎伸展を維持するには

  • 坐骨結節を意識して座る 骨盤の状況(前傾してるか、後傾してるか)を意識する
  • 股関節を膝関節より高い位置にする
  • 体育座り、あぐら は腰椎が屈曲しやすいので注意。
  • あぐらをかくときは、お尻の下に二つ折りくらいにした座布団をしき、なるべく股関節の位置を高くする。

などなど。

スペシウム光線の多用は腰痛のもとになりますので控えましょう (V)o¥o(V)

この記事を書いた人

痛み・不調改善の専門家 石井俊也
痛み・不調改善の専門家 石井俊也てらお整体院 院長
【身体の痛み】や【自律神経の乱れからくる不調】の改善の専門家です。
横浜市鶴見区で「てらお整体院」の院長をしてます。

肩こり、腰痛、顎関節の痛み・音、自律神経の乱れ、不眠、ふらつきなどでお困りの方はご連絡ください (^_^)