腰痛予防 抱っこひも・ベビーキャリーで前抱っこした時の注意点

鶴見区の整体 てらお整体院 いしいです。
今日は風が強いですね ^^;

抱っこひも・ベビーキャリーで前抱っこした時の注意点についてお話ししたいと思います。

ネットで「抱っこひも」「ベビーキャリー」などで調べてみると腰のベルトがしっかりしたものが多く見られますね (^O^)

腰のベルトがしっかりしているから、腰痛になりにくいか、というと必ずしもそうではないと思います。

なぜなら・・・

腰のベルトの役割は、赤ちゃんの重さが肩だけに集中しないようにすること。

肩と腰で赤ちゃんの重さを支えるためのもの。

腰を支えるためのものではないからです。

ですので、
「腰のベルトをした、だから前かがみになっても大丈夫」と思ってしまうと危ないです  w(・0・)w

 

何も持ってない時でさえ、前かがみの姿勢を繰り返すと腰痛になります。

赤ちゃんを前抱っこした状態は、自分の上半身の前の部分の重さが増した状態と考えればよいでしょう。

そんな状態で前かがみの姿勢になれば、あっという間に腰痛になってしまいます (>_<)

(なぜなら抱っこひもの腰のベルトは、腰を支えるものではないから・・・)

 

抱っこひもなど道具を使って、赤ちゃんを前抱っこする時は、いつも以上に姿勢に気を付けて

前かがみにならない、

上半身を立てる(背筋を伸ばす)ように意識しましょう。

 

 

関連記事

腱鞘炎になりにく抱っこのやり方とは?

抱っこによる腱鞘炎の解消法

抱っこのし過ぎで腕が筋肉痛になってしまった時の対処法

抱っこのし過ぎで腕が痛くなった時の対処法

産後の骨盤矯正 赤ちゃんを身体の前で抱っこし過ぎて腰痛になってしまった方へ

スリングで前抱っこは腰痛になりやすい

腰痛予防 抱っこひも・ベビーキャリーで前抱っこした時の注意点