スリングで前抱っこは腰痛になりやすい

横浜市鶴見区の「てらお整体院」 いしいです。

今日は風が強かったですね ^^;

今回は、「スリングで前抱っこは腰痛になりやすい」という題でお話ししたいと思います。

とはいうものの、スリングが無いので、リュックで代用 ^^;

リュックをこんなふうに前に抱える姿勢ですと、腰痛になりやすいです。
(まあ、リュックではあんまりしないと思いますが・・・)

腰痛になりやすい持ち方 前抱っこ

カバンを前に抱えることで、重心が前に移動します。
それを打ち消すために、上半身を反らしてバランスを取ってます。

長時間やっていると背中の胸椎と腰椎の境目(写真の ⇒ あたり)が痛くなってきます。

赤ちゃんをスリングや抱っこひもを正しい方法で装着しないで前抱っこしている時も似たような感じになってます。

 

なので前で抱っこする時は適正な姿勢になっているか気を付けてくださいね。

 

前抱っこの影響か分からないけど腰が痛くなってしまった、という場合はお気軽にご相談ください。

骨盤の前傾し過ぎを整えて、腹筋・背筋のバランス調整を行ったり、骨盤内側の筋肉・体幹の筋肉の調整を行うことで腰の不安を減らしていきます (^_^)

 

 

関連記事

腱鞘炎になりにく抱っこのやり方とは?

抱っこによる腱鞘炎の解消法

抱っこのし過ぎで腕が筋肉痛になってしまった時の対処法

抱っこのし過ぎで腕が痛くなった時の対処法

産後の骨盤矯正 赤ちゃんを身体の前で抱っこし過ぎて腰痛になってしまった方へ

スリングで前抱っこは腰痛になりやすい

腰痛予防 抱っこひも・ベビーキャリーで前抱っこした時の注意点

この記事を書いた人

痛み・不調改善の専門家 石井俊也
痛み・不調改善の専門家 石井俊也てらお整体院 院長
【身体の痛み】や【自律神経の乱れからくる不調】の改善の専門家です。
横浜市鶴見区で「てらお整体院」の院長をしてます。

肩こり、腰痛、顎関節の痛み・音、自律神経の乱れ、不眠、ふらつきなどでお困りの方はご連絡ください (^_^)