産後の骨盤矯正 赤ちゃんを身体の前で抱っこし過ぎて腰痛になってしまった方へ

横浜市鶴見区の整体 てらお整体院 いしいです。

ベビーカステラの季節になりました (^.^)

JR横浜線菊名駅前ベビーカステラJR横浜線菊名駅前ベビーカステラ拡大

JR横浜線の菊名駅の入り口付近に今頃から3月末くらいまで、確か週2回くらいお店が出ているようです。

いやー、いい季節になりましたな (^O^)

さて、今回は
「産後の骨盤矯正 赤ちゃんを身体の前で抱っこし過ぎて腰痛になってしまった方へ」
と題してお話ししていきます。

前かがみになると、骨盤が後ろに傾いて、骨盤と背骨の境目に負担がかかり腰痛になることが多いです。

反対に 赤ちゃんを前に抱っこする姿勢ですと、上半身を後ろに反り気味になります。

 

骨盤の歪み・腰痛 赤ちゃんを身体の前で抱っこする

 

この姿勢ですと骨盤が前に傾き、 腰椎(背骨のうちの腰の部分)と 胸椎(背骨のうち、肋骨がついている部分)の境目あたりにも 負担がかかってきます。

繰り返しこの姿勢をしていると、この辺りが痛くなってきます。

”腰の上の方が痛い”、”背中の下の方が痛い”とか人によって表現が異なりますが、腰、背中、骨盤周りの筋肉の疲労が原因です。

 

痛み予防のセルフケアとしては、四つん這いになって背中を反らしたり、丸めたりして、背骨をいろんな方向に動かすとよいです。

 

この動作が痛くてできない (>_<)、という場合は、整体を受けて骨盤矯正をしてもらうとよいでしょう。

ちゃんとした骨盤矯正であれば、
骨盤の歪みが減って腰・背中の筋肉の張りが取れるので腰の痛みを早く減らせますよ (^.^)。

今回は
「産後の骨盤矯正 赤ちゃんを身体の前で抱っこし過ぎて腰痛になってしまった方へ」
と題してお話ししました。
他の整体院で骨盤矯正を受けてみたけど、そんなに楽になったことは無いという方は是非、当院の骨盤矯正を受けに来て下さい。
きっと今より楽になれますよ~ (^o^)

 

 

関連記事

腱鞘炎になりにく抱っこのやり方とは?

抱っこによる腱鞘炎の解消法

抱っこのし過ぎで腕が筋肉痛になってしまった時の対処法

抱っこのし過ぎで腕が痛くなった時の対処法

産後の骨盤矯正 赤ちゃんを身体の前で抱っこし過ぎて腰痛になってしまった方へ

スリングで前抱っこは腰痛になりやすい

腰痛予防 抱っこひも・ベビーキャリーで前抱っこした時の注意点

この記事を書いた人

痛み・不調改善の専門家 石井俊也
痛み・不調改善の専門家 石井俊也てらお整体院 院長
【身体の痛み】や【自律神経の乱れからくる不調】の改善の専門家です。
横浜市鶴見区で「てらお整体院」の院長をしてます。

肩こり、腰痛、顎関節の痛み・音、自律神経の乱れ、不眠、ふらつきなどでお困りの方はご連絡ください (^_^)