整体で腰椎椎間板ヘルニアの痛みが軽減する理由

横浜市鶴見区の整体「てらお整体院」 いしいです。

 

整体で腰椎椎間板ヘルニアの痛みが軽減する理由についてお伝えします。

 

ヘルニアになる過程

ヘルニアになる過程は下記のようだ考えられます。

何度も繰り返される前かがみの動作(腰椎の屈曲)で腸腰筋の強い攣縮が起きる。

 

同時に激しく攣った強い痛みが生じる。

→腰椎の椎体を引っ張る

→腰椎の間にある椎間板が押しつぶされる

→椎間板の線維輪から大量の髄核が飛び出し、ヘルニアが生じる

 

ヘルニアの痛みの原因

痛みの原因は

・椎間板から髄核から飛び出たからではありません。

・ヘルニアが神経を圧迫するからでもありません。

腸腰筋という背骨~骨盤~大腿骨まで走っている筋肉の攣りによる激しい痛みです。

 

痛み止めが効かない理由

痛み止めは基本的には炎症止めです。

椎間板の線維輪が破れたところには炎症が起きているでしょうからそこには効くと思います。

ですが「腰椎椎間板ヘルニア」の痛みのほとんどは”筋肉の攣り”によるもの。

痛み止めで”筋肉の攣り”は良くならないので、腰椎椎間板ヘルニアの痛みには痛み止めが効かないのです。

 

整体で腰椎椎間板ヘルニアの痛みが軽減する理由

痛みの原因は「筋肉の攣り」ですから、骨盤や背骨を整えたり、筋肉を弛めたりすることで痛みが軽減していくのです。

 

ただし「ヘルニア」になってしまうような体の状態は、筋肉が過敏な状態になっているので、

「普通の腰痛」に対する整体の仕方では刺激が強すぎて痛みがやわらぐどころか、かえって痛みが増してしまうでしょう。

 

適切な強さの刺激で触れてくれるところを探して、骨盤・背骨・筋肉を整えてもらって下さい。

もちろん当院でも対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

 

************************

ご 予約・お問い合わせは

 0120-01-3657 

鶴見で唯一の「痛み・しびれ専門」整体院

 「てらお整体院」

受付時間

 平日 9:30~19:00、土日 9:30~16:00

休業日:不定休(詳しくはお問い合わせ下さい)

この記事を書いた人

痛み・不調改善の専門家 石井俊也
痛み・不調改善の専門家 石井俊也てらお整体院 院長
【身体の痛み】や【自律神経の乱れからくる不調】の改善の専門家です。
横浜市鶴見区で「てらお整体院」の院長をしてます。

肩こり、腰痛、顎関節の痛み・音、自律神経の乱れ、不眠、ふらつきなどでお困りの方はご連絡ください (^_^)

前の記事

顎関節症と頭痛